カラオケで高得点出すコツこっそり教えます

「安定性」と「表現力」さらに加点ポイント

安定性と表現力

続いては「安定性」の話です。

これは、そのまま歌声の安定性を求められます。
歌声が弱々しくなったり、しっかり伸ばさなければいけないところがすぐにフェードアウトしてしまうようであれば、機械は歌声が不安定だと認識してしまうので、高得点に繋がりません。

しっかりと歌声が安定するように、丁寧に意識しながら歌うようにしましょう。

最後は「表現力」です。

カラオケの採点機能の点数を上げようとすれば、この表現力を上げるテクニックが重要となってきます。

ゲームでも高得点を叩き出すにはテクニックがいるのと同じように、この表現力でもいくつかのポイントを抑えれば他の人が普通に歌うより高得点が狙えるようになるのです。

ではそのポイントを詳しく調べていってみたいと思います。

表現力で加点するテクニック

表現力に含まれるものとして
「抑揚」
「ビブラート」
この2つを大事に歌ってほしいと思います。

まずは「抑揚」についてです。

一曲全体に見て、出だしは静かに歌い出し、少しずつ声のボリュームを上げ、サビで最大の声を出すという感じで、曲全体に変化をつける事です。
それを、自分の声で出来るならば、問題は無いでしょうが、出来ない方もいるでしょう。
実は簡単な方法があるのです。

マイクを口元に徐々に近づけるという方法です。
最初は口からマイクを離し歌い出し、サビで口元に近づけるという方法です。

すると機械は曲全体に抑揚が出たと認識し、高得点に繋がるのです。

ビブラートも同様のテクニックで対応出来ます。
自身の声でビブラートがつけられる方は問題無いでしょうが、出来ない方は歌いながらマイクを上下に動かしてみてください。

すると機械はビブラートがかかったと認識し、高得点につながります。